HOME > 銀行業務への活用方法例(営業部門・支店)

銀行業務への活用方法例(営業部門・支店)

取得した登記情報を、
地域営業に活用したい・・・。
金融機関様の営業部門・支店での活用方法例です。
登記情報の大量取得から、管理、各種デジタル活用まで、幅広く貴行の登記業務をサポート。デジタル活用効率化を実現します!
銀行業務への活用方法例(営業部門・支店)
地域営業戦略を策定
地域金融機関は長年支店営業を行っていながら、営業地盤の公図+登記情報は虫食い状態で、再利用できる程度までのデータ化が進んでいません。全ての謄本を取得することはコストが膨大にかかりますが、公図なら1枚に50筆以上の記載があります。ホームズシステムの「公図・住宅地図マッチングシステム」を使えば、公図代のみで、その土地上に存在する家屋番号が全て把握出来ます。必要に応じて土地・建物の謄本を取得すれば良いのです。公図を繋げて取得すれば、大してコストをかけずに地盤全体像を把握できます。
既に自行で担保取得しているデータを重ねると、新たに取得する物件が一目瞭然となります。
住宅ローン肩代わり、他行取引情報、差押などの信用調査、富裕層への相続対策など活用方法は多彩でしょう。
難解な登記処理、街区番号の登記地番化
融資業務には登記業務は必然です。特に住居表示制度が実施されてからの契約書作成、登記関係全般、担保台帳作成には、登記地番が必然です。
BIGデータとして登記情報を活用
本部の営業推進部署では、上記の支店情報を集中すれば一気にBIGデータの登記部門の完成です。しかも、自己査定において四半期毎の見直し作業が入りますので、データの量と精度は日々向上します。
おすすめの製品・サービスの詳細についてはこちら
オンライン登記情報システムアイコン
オンライン登記情報システム
WEB版
民事法務協会が提供している登記情報(デジタル)を、一括・高速取得することができるWebシステムです。インストールは不要。
ご契約いただいたその日から、ご利用いただけます。
オンライン登記情報システム画面イメージ
登記識別情報封印シールのご注文
登記識別情報封印シールのご注文
シールと履歴台紙の組み合わせで、開封履歴を管理できます。オンライン指定庁での登記完了後に発行される登記識別情報通知を旧法の登記済証と同様に、法的に登記の効力が無力化するまで、半永久的に保存・運用できます。
登記識別情報封印シールイメージ
新規取引先様へはキャンペーン価格でご提供いたします!
弊社製品にご興味をお持ちいただき誠にありがとうございます。 資料請求では、価格や機能をまとめた詳細資料を最短翌日でお届けいたします。 お電話でのお問い合せも受け付けていますので、お気軽にお問い合せください。
お電話での上記お申込みも受付中!価格や機能についてもお気軽にお問い合わせください!
■登記関連業務代行
Copyright (C) Homes Corporation Limited All Rights Reserved.